試験の登録・公開を希望される方はこちら
  • top
  • 登録済みデータ一覧
  • 治験情報の登録・確認
  • 背景
  • 検討課題
  • 登録内容
  • FAQ
  • 略語
  • WHO Timeline
  • ICH E3 要約
  • 参考資料
  • リンク
最終更新日:2019年04月04日

●試験名 Trial Title
筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者を対象としたボスチニブ第1相試験    Phase 1 dose-escalation study of bosutinib in patients with amyotrophic lateral sclerosis (ALS)  

|●基本情報/Essential information
|●試験名/Trial Title|●試験概要/Brief Description of Study|●目 的/Purpose
|●試験デザイン/Trial Design|●試験フェーズ/Trial Phase|●試験の種類/Trial Type
|●対象疾患/Health Condition(s) or Problem(s) Studied
|●介入の内容/Interventions|●介入/Study Intervention(s)|●対照介入/Control Intervention(s)
|●試験スケジュール/Study Timeline|●目標症例数/Target sample size
|●主要評価項目/Primary Outcome(s)|●副次評価項目/Key Secondary Outcome(s)
|●選択/除外基準/Key Inclusion and Exclusion Criteria
|●試験の進捗状況/Trial Status|●参加者募集の実施国/Countries of Recruitment
|●試験依頼者/Sponsor|●資金提供組織/Sources of Funding
|●試験実施施設/Trial Institutions|●一般問合せ先/Contact for Public Queries
|●科学的な内容の問合せ先/Contact for Scientific Queries
|●他の登録機関から発行された試験ID/Secondary IDs and Issuers
|●治験届/Clinical Trial Notification (CTN)
|●倫理審査委員会による承認/Ethics Review|●試験結果の公開/Publication of Study Results
|●IPD情報/Sharing of Individual clinical trial participant-level data(IPD)|●その他の関連情報/Other Information

変更履歴/Change tracking

 

ページTOPに戻る △

Japanese   English
     
試験の進捗   Trial status
実施中    Active 
日医治促ID   JMACCT ID
JMA-IIA00419    JMA-IIA00419 
治験促進センター登録日   Date JMACCT ID assigned
2019-03-29    2019-03-29 
参加者募集状況   Recruitment status
募集中    Recruiting 
試験フェーズ   Trial phase
1    1 
試験の種類   Trial Type
介入試験安全性、探索的    INTERVENTIONAL/ SAFETY, EXPLORATORY 
試験デザイン   Trial Design
単群    Single arm 
対象疾患/課題   Condition or Problem
筋萎縮性側索硬化症    Amyotrophic Lateral Sclerosis 
参加者募集国   Countries of Recruitment
日本    Japan 
 

ページTOPに戻る △

●試験名   ●Trial Title
     
一般向け試験名   Public title
筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者を対象としたボスチニブ第1相試験    Phase 1 dose-escalation study of bosutinib in patients with amyotrophic lateral sclerosis (ALS)  
正式試験名   Scientific title
筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者を対象としたボスチニブ第1相試験    Phase 1 dose-escalation study of bosutinib in patients with amyotrophic lateral sclerosis (ALS)  
簡略標題   Title acronym
Haruhisa Inoue, Center for iPS Cell Research and Application, Kyoto University    Haruhisa Inoue, Center for iPS Cell Research and Application, Kyoto University 
 

ページTOPに戻る △

●試験概要   ●Brief Description of Study
     
概要   Brief summary
ALS患者に対するボスチニブの最大耐量(MTD)および第2相試験推奨用量(RP2D)の決定のため,ボスチニブ(100 mg/日,200 mg/日,300 mg/日もしくは400 mg/日)の安全性および忍容性を評価する。    To evaluate the safety and tolerability of bosutinib (100 mg/day, 200 mg/day, 300 mg/day, or 400 mg/day) to determine the maximum tolerated dose (MTD) and a recommended phase 2 dose (RP2D) of bosutinib for treatment of ALS patients.  
 

ページTOPに戻る △

●目的   ●Purpose
     
主要目的   Primary objective
ボスチニブ投与開始後4週間および全投与期間(12週間)における用量制限毒性(DLT    Dose limiting toxicity (DLT) for 4 weeks after initiating bosutinib and during all treatment period (12 weeks). 
副次的目的   Secondary objective(s)
副次評価項目:有害事象、臨床検査値異常、バイタルサイン(血圧、脈拍数、体温)、心電図(ECG)、胸部X線検査所見

探索的評価項目:
・ALSFRS-Rの合計点数およびALSの重症度のベースラインからの変化量、%FVCおよび握力のベースラインからの変化量
・血液中ニューロフィラメントLおよびリン酸化ニューロフィラメントHの治験薬投与前後の変化量
 
  Secondary Endpoint(s): Adverse events (AEs), laboratory abnormality, vital signs (blood pressure, pulse rate, body temperature), electrocardiogram (ECG), chest X-ray findings AEs will be graded according to the Common Terminology Criteria for Adverse Events ver. 4.03 (CTCAE v.4.03).

Exploratory Endpoints:
Changes from baseline in total ALSFRS-R score, %FVC and grip strength.
Changes in blood neurofilament L and phosphorylated neurofilament H during the observation period and the study treatment period.
 
 

ページTOPに戻る △

●試験デザイン   ●Trial Design
     
試験デザイン   Description of trial design
単群    Single arm 
群数   Number of treatment arms
     
対照の種類   Type of control
無対照(対照なし)    NONE 
盲検化の方法   Trial blinding schema
オープン    OPEN LABEL 
ランダム化   Randomized
なし    NO 
ランダム化の単位   Randomization unit
非該当    NOT APPLICABLE 
層別化   Stratified randomization
なし    NO 
動的割付け   Dynamic randomization
なし    NO 
ブロック化   Blocked randomization
なし    NO 
割付け隠蔽化の方法   Method of allocation concealment
非該当    NOT APPLICABLE  
 

ページTOPに戻る △

●試験フェーズ   ●Trial Phase
     
試験フェーズ   Trial phase
1    1 
 

ページTOPに戻る △

●試験の種類   ●Trial Type
     
試験の性質   Nature of investigation
介入試験    INTERVENTIONAL 
目的による試験の分類   Type of trial
安全性、探索的    SAFETY, EXPLORATORY 
試験の種類(治験またはそれ以外)   Clinical trial for drug device development
治験    Clinical Trial 
 

ページTOPに戻る △

●対象疾患等   ●Health Condition(s) or Problem(s) Studied
     
対象疾患または課題   Trial indication(s)
筋萎縮性側索硬化症    Amyotrophic Lateral Sclerosis 
開発の経緯   Background information
     
がん領域を対象とするか?   Does this study involve oncology?
     
対象疾患領域   Therapeutic area under study
     
ゲノム情報の取扱い   Does this study involve collection of genetic information
     
 

ページTOPに戻る △

●介入の内容   ●Interventions
     
介入の目的   Trial indication type
治療    TREATMENT 
介入の種類   Intervention type
医薬品    DRUG 
       介入 Study Intervention(s):
     
介入の名称   Name of intervention
医薬品    Medicine 
医薬品の剤型/医療機器の一般的名称   Dose form / Japanese Medical Device
Nomenclature
錠剤(糖衣錠、舌下錠、口腔錠を含む)    TABLET 
投与経路/適用部位   Route of administration / Site of
application
経口    ORAL 
投与量/使用量   Dose per administration
100mg, 200mg, 300mg, 400mg     100mg, 200mg, 300mg, 400mg  
投与回数/使用回数   Dosing frequency / Frequency of use
1日1回    QD 
継続期間   Planned duration of interventio
12週間     
投与レジメン   Intended dose regimen
治験期間は、12週間の観察期間、1週間の移行期間(5~9日)、12週間の治験薬投与期間およびその後4週間の経過観察期間からなる。     The study consists of a 12-week observation period, a 1-week (5- to 9-day) transitional period, a 12-week study treatment period, and a 4-week follow-up period.  
治療群の詳細   detailes of teratment arms
ボスチニブの4つの用量、100 mg/日(用量レベル1)、200 mg/日(用量レベル2)、300 mg/日(用量レベル3)もしくは400 mg/日(用量レベル4)に各3~6例のALS患者を組み入れ、3+3の用量漸増試験デザインを用いて、ボスチニブの安全性と忍容性を検討する。    3 to 6 ALS patients will be enrolled in each of the 4 bosutinib dose levels [100 mg/day (dose level 1), 200 mg/day (dose level 2), 300 mg/day (dose level 3), or 400mg/day (dose level 4)] to evaluate the safety and tolerability of the investigational drug (bosutinib) under a 3+3 dose escalation study design. 
       対照介入 Control Intervention(s):
     
対照の名称   Comparative intervention name
     
医薬品の剤型/医療機器の一般的名称   Dose form / Japanese Medical Device
Nomenclature
     
投与経路/適用部位   Route of administration / Site of
application
     
投与量/使用量   Dose per administration
     
投与回数/使用回数   Dosing frequency / Frequency of use
     
継続期間   Planned duration of intervention
     
投与レジメン   Intended dose regimen
     
 

ページTOPに戻る △

●試験スケジュール   ●Study Timeline
     
プロトコール確定日   Date of protocol finalization
2019-01-22    2019-01-22 
倫理審査委員会/治験審査委員会の初回開催日(予定日)   Date of first ethics committee meeting
2019-02-28    2019-02-28 
初回組入れ日(予定日)   Date of first enrollment
2019-03-29    2019-03-29 
試験開始日(予定日)   Study start date
     
フォロー終了日(予定日)   Date of last follow-up
     
入力終了日(予定日)   Date of data entry closure
     
データ固定日(予定日)   Data lock date
     
解析終了日(予定日)   Completion of data analysis
     
試験終了日(予定日)   Study end date
     
 

ページTOPに戻る △

●目標症例数   ●Target sample size
     
目標症例数   Planned number of subjects
24    24 
実施症例数   Performed number of subjects
     
 

ページTOPに戻る △

●主要評価項目   ●Primary Outcome(s)
     
主要評価項目   Primary outcome(s)
ボスチニブ投与開始後4週間および全投与期間(12週間)における用量制限毒性(DLT)    Dose limiting toxicity (DLT) for 4 weeks after initiating bosutinib and during all treatment period (12 weeks). 
評価時期   Timepoint(s)
ボスチニブ投与開始後4週間および全投与期間(12週間)    4 weeks after initiating bosutinib and during all treatment period (12 weeks). 
主要評価項目測定基準   Primary outcome measure
     
 

ページTOPに戻る △

●副次評価項目   ●Key Secondary Outcome(s)
     
副次評価項目   Secondary outcome(s)
副次評価項目:有害事象、臨床検査値異常、バイタルサイン(血圧、脈拍数、体温)、心電図(ECG)、胸部X線検査所見

探索的評価項目:
・ALSFRS-Rの合計点数およびALSの重症度のベースラインからの変化量、%FVCおよび握力のベースラインからの変化量
・血液中ニューロフィラメントLおよびリン酸化ニューロフィラメントHの治験薬投与前後の変化量
 
  Secondary Endpoint(s): Adverse events (AEs), laboratory abnormality, vital signs (blood pressure, pulse rate, body temperature), electrocardiogram (ECG), chest X-ray findings AEs will be graded according to the Common Terminology Criteria for Adverse Events ver. 4.03 (CTCAE v.4.03).

Exploratory Endpoints:
Changes from baseline in total ALSFRS-R score, %FVC and grip strength.
Changes in blood neurofilament L and phosphorylated neurofilament H during the observation period and the study treatment period.
 
評価時期   Timepoint(s)
     
副次評価項目測定基準   Secondary outcome measure
     
 

ページTOPに戻る △

●選択/除外基準   ●Key Inclusion and Exclusion Criteria
     
年齢下限   Minimum age
≧20     ≧20 YEARS 
年齢上限   Maximum age
<80     <80 YEARS 
性別   Sex of participants
男女両方    BOTH 
健常被験者の組入れ   Accepts healthy volunteers
なし    NO 
選択基準   Inclusion criteria
1. 本治験に関する情報が適切に伝えられたことを示す同意文書に、患者本人による署名および日付が記入されている。または、自書が困難な場合は代筆者が記入する。
2. 進行性筋力低下を認めSOD1変異を有することが診断されたALS患者(SOD1変異はすでに報告されている変異とする)、もしくはALS診断基準(Updated Awaji基準)でDefiniteまたはProbable ALSまたはProbable-laboratory supported ALSと診断された孤発性ALS患者
3. 厚生労働省特定疾患調査研究班によるALSの重症度基準で重症度1度または2度の患者(ただしSOD1変異を有するALSは重症度3度も可とする)
4. 一次登録時において発症後2年以内の患者(ただしSOD1変異を有するALSは発症後5年以内まで可とする)
5. 外来通院が可能な患者
6. 観察期間中に、ALSFRS-Rの合計点数が1~3点低下した患者
7. 妊娠可能な女性の場合、治験薬投与前の尿妊娠検査が陰性である患者
8. 一次登録時および二次登録時に適切な腎機能を有する患者
9. 一次登録時および二次登録時に適切な肝機能を有する患者
10. 経口錠剤を服用できる患者
 
  1. Evidence of a personally signed and dated informed consent document indicating that the patient has been informed of all pertinent aspects of the study. To be additionally signed by a delegate signer if the subject is unable to handwrite.
2. Patients with positive already-reported SOD1 gene mutation and progressive muscle weakness; sporadic ALS patients who are categorized as either 'Definite ALS' or 'Probable ALS' or 'Probable-laboratory supported ALS' in the Updated Awaji Criteria for the diagnosis of ALS
3. Patients at Grade 1 or 2 in the Japan ALS Severity Scale of the grant-in-aid program for chronic diseases from the Japanese Ministry of Health, Labour and Welfare; patients with positive SOD1 mutation of Grade 1, 2 or 3
4. Patients with ALS that occurred within 2 years at the time of the first registration; patients with positive SOD1 mutation within 5 years after disease onset
5. Patients who can visit hospital regularly as outpatients
6. Patients with change in total ALSFRS-R score during the observation period are -1 to -3 points
7. Urine pregnancy test (for females of childbearing potential) negative at screening
8. Patients with appropriate renal function at the time of the first and second registrations
9. Patients with appropriate hepatic function at the time of the first and second registrations
10. Able to take oral tablets
etc.
 
除外基準   Exclusion criteria
1. 気管切開を施行している患者
2. ALSの症状により非侵襲的呼吸補助装置を装着したことがある患者
3. 一次登録時および二次登録時に%FVCが70%未満の患者
4. 神経伝導検査上、伝導ブロックなど脱髄を示唆する所見のある患者
5. エダラボンを投与中の患者。観察期間開始後にリルゾールまたはエダラボンの投与を開始した患者、もしくは観察期間開始後にリルゾールの用量を変更した患者
6. 球麻痺型ALS(構音障害または嚥下障害で発症)の患者
7. 認知機能障害を有する患者
8. 妊婦。授乳婦。子供をもうけることができる男性患者および妊娠が可能な女性患者で、治験期間中および治験薬の最終投与後少なくとも28 日間、1種類以上の効果の高い避妊法を使用する意志のない患者、または使用することができない患者
9. 臨床的に意義のある、またはコントロール不能な心疾患の病歴を有する患者
10. QT間隔に影響を与える可能性があるコントロール不良の低マグネシウム血症または未補正の低カリウム血症を有する患者
11. 一次登録前5年以内に悪性腫瘍が認められた患者
12. 治験薬に対するアレルギーを有する、もしくはその疑いがある患者
13. 活動性もしくはコントロール不良な細菌、真菌またはウイルス感染[B型肝炎ウイルス(HBV)、C型肝炎ウイルス(HCV)、既知のヒト免疫不全ウイルス(HIV)または後天性免疫不全症候群(AIDS)関連疾患等]を有する患者
14. 直近にまたは現在、臨床的に意義のある胃腸障害を有する患者
15. 慢性閉塞性肺疾患を有する患者
 
  1. Patients with tracheostomy
2. Patients who have used non-invasive ventilation due to ALS symptoms
3. Patients whose %FVCs are less than 70% at the time of first and second registrations
4. Patients who have nerve conduction study findings of demyelination such as conduction block
5. Patients who are taking edaravone; patients who started riluzole or edaravone after start of the observation period; patients who changed the dosage of riluzole after start of the observation period
6. Patients with bulbar type ALS with dysphagia and dysarthria
7. Patients with cognitive impairment
8. Pregnant female patients; breastfeeding female patients; fertile male and female patients of childbearing potential who are unwilling or unable to use 1 highly effective methods for the duration of the study and for at least 28 days after the last dose of investigational product
9. History of clinically significant or uncontrolled cardiac disease including
10. Uncontrolled hypomagnesemia or uncorrected hypokalemia due to potential effects on the QT interval
11. History of malignancy within 5 years prior to registration
12. Known prior or suspected severe hypersensitivity to study drugs or any component in their formulations
13. Patients with active, uncontrolled bacterial, fungal, or viral infection, including hepatitis B virus (HBV), hepatitis C virus (HCV), known human immunodeficiency virus (HIV) or acquired immunodeficiency syndrome (AIDS) related illness
14. Recent or ongoing clinically significant GI disorder
15. Patients with chronic obstructive pulmonary disease
etc.
 
 

ページTOPに戻る △

●試験の進捗状況   ●Trial Status
     
参加者募集状況   Recruitment status
募集中    Recruiting 
試験の進捗   Trial status
実施中    Active 
中止・休止の理由   Reason for study stop
     
 

ページTOPに戻る △

●参加者募集の実施国   ●Countries of Recruitment
     
参加者募集国   Countrie(s) of recruitment
日本    Japan 
 

ページTOPに戻る △

●試験依頼者   ●Sponsor
     
主要依頼者   Primary sponsor
京都大学iPS細胞研究所    Center for iPS Cell Research and Application (CiRA), Kyoto University 
共同依頼者   Secondary sponsor(s)
     
 

ページTOPに戻る △

●資金提供組織   ●Sources of Funding
     
資金提供組織   Sources of fundingr
日本医療研究開発機構     AMED 
組織区分   Type of funding organization
     
所在国   Country of funding source
     
 

ページTOPに戻る △

●試験実施施設   ●Trial Institutions
     
施設数   Number of study sites
     
施設の種類   Type of medical institution
     
所在国   Countrie(s) of Study Site(s)
     
所在都道府県   Prefecture(s) of Study Site(s)
     
 

ページTOPに戻る △

●一般問合せ先   ●Contact for Public Queries
     
担当者   Contact name
井上治久    Haruhisa Inoue 
所属組織   Contact organization
京都大学    Kyoto University 
所属部署   Department
iPS細胞研究所    Center for iPS Cell Research and Application (CiRA) 
住所   Address
京都市左京区聖護院川原町53     53 Kawahara-cho, Shogoin, Sakyo-ku, Kyoto,  
電話   TEL
075-366-7360    +81-75-366-7360 
FAX   FAX
     
E-mail   E-mail
     
ホームページ   Study website
     
 

ページTOPに戻る △

●科学的な内容の問合せ先   ●Contact for Scientific Queries
     
試験責任医師   Investigator name
髙橋良輔    Ryosuke Takahashi 
所属組織   Investigator organization
京都大学    Kyoto University 
所属部署   Department
脳神経内科    Neurology 
住所   Address
     
電話   TEL
     
FAX   FAX
     
E-mail   E-mail
     
 

ページTOPに戻る △

●他の登録機関から発行された試験ID   ●Secondary IDs and Issuers
     
他の登録機関から発行されたIDの有無   No examination ID
     
UTN   UTN
     
試験ID   Secondary study ID
     
発行機関名   Issuer name
     
 

ページTOPに戻る △

●治験届   ●Clinical Trial Notification (CTN)
     
初回受付番号   First CTN reference number
     
初回届出日   Date of first CTN
2019-03-01    2019-03-01 
 

ページTOPに戻る △

●倫理審査委員会による承認   ●Ethics Review
     
倫理審査委員会による承認   Approved by Ethics Committee
承認済    YES 
委員会名称   Name of ethics committee
京都大学医学部附属病院医薬品等臨床研究審査委員会    the Institutional Review Board of Kyoto University 
委員会承認日   Date of approved
2019-02-27    2019-02-27 
住所   Address
京都市左京区聖護院川原町54    54 Kawahara-cho, Shogoin, Sakyo-ku, Kyoto 
電話   TEL
     
FAX   FAX
     
E-mail   E-mail
     
ホームページ   Website
     
識別番号   Committee approval number
     
未承認の理由   Reason for unapproval
     
 

ページTOPに戻る △

●試験結果の公開   ●Publication of Study Results
     
試験結果の公開状況   Are the results published?
     
投稿日   Posted date
     
初回出版日   Date of first publication
     
ベースラインの特性   Baseline characteristics
     
参加者の流れ   Participant flow
     
プロトコルへのリンク   Protocol links 

 
   
治験の全般的デザイン及び計画 - 記述   Overall study design - description
     
有効性の結論   Efficacy conclusions
     
安全性の結論   Safety conclusions
     
考察と全般的結論   Discussion and overall conclusions
     
結果の開示先   Results links  

 
   
 

ページTOPに戻る △

●IPD情報   ●Sharing of Individual clinical trial participant-level data(IPD)
     
個別被験者データの有無   Results IPD Plan
     
個別被験者データの説明   Results IPD Description
     
 

ページTOPに戻る △

●その他の関連情報   ●Other Information
     
その他   Other Information