試験の登録・公開を希望される方はこちら
  • top
  • 登録済みデータ一覧
  • 治験情報の登録・確認
  • 背景
  • 検討課題
  • 登録内容
  • FAQ
  • 略語
  • WHO Timeline
  • ICH E3 要約
  • 参考資料
  • リンク
最終更新日:2016年05月23日

●試験名 Trial Title
血栓性血小板減少性紫斑病に対するリツキシマブの医師主導治験    Investigator Initiated Clinical Trial of Rituximab for Thrombotic Thrombocytopenic Purpura 
 

ページTOPに戻る △

Japanese   English
     
試験の進捗   Trial status
試験終了    Completed 
日医治促ID   JMACCT ID
JMA-IIA00160    JMA-IIA00160 
治験促進センター登録日   Date JMACCT ID assigned
2014-01-16    2014-01-16 
参加者募集状況   Recruitment status
募集終了    Completed 
試験フェーズ   Trial phase
2    2 
試験の種類   Trial Type
介入試験安全性、有効性    INTERVENTIONAL/ SAFETY, EFFICACY 
試験デザイン   Trial Design
非対照、オープンラベル、多施設共同試験    uncontrolled open-label multicenter study 
対象疾患/課題   Condition or Problem
血栓性血小板減少性紫斑病    Thrombotic Thrombocytopenic Purpura 
参加者募集国   Countries of Recruitment
日本    Japan 
 

ページTOPに戻る △

●試験名   ●Trial Title
     
一般向け試験名   Public title
血栓性血小板減少性紫斑病に対するリツキシマブの医師主導治験    Investigator Initiated Clinical Trial of Rituximab for Thrombotic Thrombocytopenic Purpura 
正式試験名   Scientific title
血栓性血小板減少性紫斑病に対するリツキシマブの医師主導治験    Investigator Initiated Clinical Trial of Rituximab for Thrombotic Thrombocytopenic Purpura 
簡略標題   Title acronym
Rituximab-TTP trial    Rituximab-TTP trial 
 

ページTOPに戻る △

●試験概要   ●Brief Description of Study
     
概要   Brief summary
再発又は難治性の血栓性血小板減少性紫斑病(TTP)を対象として、リツキシマブの有効性と安全性を検討する第Ⅱ相オープンラベル試験    Open-label phase II study to evaluate efficacy and safety of rituximab in patients with relapsed or refractory thrombotic thrombocytopenic purpura (TTP). 
 

ページTOPに戻る △

●目的   ●Purpose
     
主要目的   Primary objective
再発又は難治性のTTP患者を対象として、リツキシマブの有効性と安全性を検討する    To evaluate efficacy and safety of rituximab in patients with relapsed or refractory thrombotic thrombocytopenic purpura (TTP). 
副次的目的   Secondary objective(s)
     
 

ページTOPに戻る △

●試験デザイン   ●Trial Design
     
試験デザイン   Description of trial design
非対照、オープンラベル、多施設共同試験    uncontrolled open-label multicenter study 
群数   Number of treatment arms
1    1 
対照の種類   Type of control
無対照(対照なし)    NONE 
盲検化の方法   Trial blinding schema
オープン    OPEN LABEL 
ランダム化   Randomized
なし    NO 
ランダム化の単位   Randomization unit
非該当    NOT APPLICABLE 
層別化   Stratified randomization
なし    NO 
動的割付け   Dynamic randomization
なし    NO 
ブロック化   Blocked randomization
なし    NO 
割付け隠蔽化の方法   Method of allocation concealment
非該当    NOT APPLICABLE  
 

ページTOPに戻る △

●試験フェーズ   ●Trial Phase
     
試験フェーズ   Trial phase
2    2 
 

ページTOPに戻る △

●試験の種類   ●Trial Type
     
試験の性質   Nature of investigation
介入試験    INTERVENTIONAL 
目的による試験の分類   Type of trial
安全性、有効性    SAFETY, EFFICACY 
試験の種類(治験またはそれ以外)   Clinical trial for drug device development
治験    Clinical Trial 
 

ページTOPに戻る △

●対象疾患等   ●Health Condition(s) or Problem(s) Studied
     
対象疾患または課題   Trial indication(s)
血栓性血小板減少性紫斑病    Thrombotic Thrombocytopenic Purpura 
開発の経緯   Background information
     
がん領域を対象とするか?   Does this study involve oncology?
いいえ    NO 
対象疾患領域   Therapeutic area under study
血液内科    Hematology 
ゲノム情報の取扱い   Does this study involve collection of genetic information
なし    NO 
 

ページTOPに戻る △

●介入の内容   ●Interventions
     
介入の目的   Trial indication type
治療    TREATMENT 
介入の種類   Intervention type
医薬品    DRUG 
       介入 Study Intervention(s):
     
介入の名称   Name of intervention
リツキシマブ    Rituximab 
医薬品の剤型/医療機器の一般的名称   Dose form / Japanese Medical Device
Nomenclature
注射剤(用時溶解のもの、経中心静脈栄養剤を含む)    INJECTION 
投与経路/適用部位   Route of administration / Site of
application
静脈内点滴    INTRAVENOUS DRIP 
投与量/使用量   Dose per administration
375 mg/m2 mg/m2    375 mg/m2 mg/m2 
投与回数/使用回数   Dosing frequency / Frequency of use
週1回 4    QW 4 
継続期間   Planned duration of interventio
4週間    4 weeks 
投与レジメン   Intended dose regimen
【第1サイクル】
投与開始速度は50 mg/時とし、30分間投与する。アレルギー症状やinfusion reaction等の薬物有害反応が認められない場合には、30分毎に50 mg/時ずつ投与速度を上昇させ、最大400 mg/時まで上昇させることができる。
【第2サイクル以降】
・前サイクルの治験薬投与において発現したアレルギー症状やinfusion reaction等の薬物有害反応が軽微(grade 2注1以下)であった場合、第2サイクル以降の治験薬の投与は、100 mg/時から開始し、30分毎を目処に100 mg/時ずつ投与速度を上昇させ最大400 mg/時まで上昇させることができる。
・前サイクルの治験薬投与において重症(grade 3注2以上)のアレルギー症状やinfusion reaction 等の薬物有害反応を認めた場合には、投与開始速度は50 mg/時として30分間投与し、アレルギー症状やinfusion reaction等の薬物有害反応が認められない場合には、30分毎に50 mg/時ずつ投与速度を上昇させ、最大400 mg/時まで上昇させることができる。
 
  1st cycle
Initiate infusion at a rate of 50 mg/hr. In the absence of adverse events such as allergic reaction or infusion reaction, increase infusion rate by 50 mg/hr increments every 30 minutes, to a maximum of 400 mg/hr.
Subsequent cycles
If patients did not experience or experience grade 2 or less severe adverse events such as allergic reaction or infusion reaction during previous cycles, initiate infusion at a rate of 100 mg/hr and increase infusion rate by 100 mg/hr increments every 30 minutes, to a maximum of 400 mg/hr.
If patients experience grade 3 or more severe adverse events such as allergic reaction or infusion reaction during previous cycles, initiate infusion at a rate of 50 mg/hr and increase infusion rate by 50 mg/hr increments every 30 minutes, to a maximum of 400 mg/hr.
 
治療群の詳細   detailes of teratment arms
     
       対照介入 Control Intervention(s):
     
対照の名称   Comparative intervention name
     
医薬品の剤型/医療機器の一般的名称   Dose form / Japanese Medical Device
Nomenclature
     
投与経路/適用部位   Route of administration / Site of
application
     
投与量/使用量   Dose per administration
     
投与回数/使用回数   Dosing frequency / Frequency of use
     
継続期間   Planned duration of intervention
     
投与レジメン   Intended dose regimen
     
 

ページTOPに戻る △

●試験スケジュール   ●Study Timeline
     
プロトコール確定日   Date of protocol finalization
2013-11-11    2013-11-11 
倫理審査委員会/治験審査委員会の初回開催日(予定日)   Date of first ethics committee meeting
2013-12-16    2013-12-16 
初回組入れ日(予定日)   Date of first enrollment
2014-01-20    2014-01-20 
試験開始日(予定日)   Study start date
2014-01-20    2014-01-20 
フォロー終了日(予定日)   Date of last follow-up
2015-01-31    2015-01-31 
入力終了日(予定日)   Date of data entry closure
     
データ固定日(予定日)   Data lock date
     
解析終了日(予定日)   Completion of data analysis
     
試験終了日(予定日)   Study end date
2015-03-31    2015-03-31 
 

ページTOPに戻る △

●目標症例数   ●Target sample size
     
目標症例数   Planned number of subjects
8    8 
 

ページTOPに戻る △

●主要評価項目   ●Primary Outcome(s)
     
主要評価項目   Primary outcome(s)
治験薬投与4週後に以下の全ての条件を満たし有効と判定された患者の割合。
1) 血小板数の正常化
2) 血漿交換の中止
3) 臨床症状の改善
 
  Response rate at 4 weeks. Response is defined by fulfilling all the conditions below.
1) Normalization of platelet count
2) cessation of plasma exchange
3) Improvement of clinical symptoms
 
評価時期   Timepoint(s)
4週    Week 4 
主要評価項目測定基準   Primary outcome measure
血小板数:15万/μL以上
血小板数が2日間連続して ≧15万/μLに達し、血漿交換を中止した場合
血清ヘモグロビン値:正常化又は2 g/dL以上の改善
GCSの合計がベースラインよりも増加
 
  Platelet count: >=150,000/microL
Platelet count: >=150,000/microL for 2 consecutive days and cessation of plasma exchange.
Normalization of hemoglobin level or increase of hemoglobin level by 2 g/dL or more.
Improvement of sum of GCS from base line.
 
 

ページTOPに戻る △

●副次評価項目   ●Key Secondary Outcome(s)
     
副次評価項目   Secondary outcome(s)
1) 血中B細胞数(CD20陽性細胞、CD19陽性細胞)、T細胞数(CD3陽性細胞)の推移
2) 血小板数のベースラインからの変化率(%)
3) 血小板数の正常化:15万/μL以上となった患者の割合
4) 血漿交換の中止:血小板数が2日間連続して ≧15万/μLに達し、血漿交換を中止した患者の割合
5) 臨床症状の改善:貧血の改善(血清ヘモグロビン値の正常化又は2 g/dL以上の改善、ベースラインからの変化量)、精神神経症状(GCSの合計がベースラインよりも増えていること、ベースラインからの変化量)
 
  1) Peripheral blood B-cell count (CD20 positive cell, CD19 positive cell), peripheral blood T-cell count (CD3 positive cell)
2) Changes of platelet count from base line.
3) Normalization of platelet count: the rate of patients who achieved plate count of >=150,000/microL.
4) Cessation of plasma exchange: the rate of patients who achieved plate count of >=150,000/microL for 2 consecutive days and cessation of plasma exchange.
5) Improvement of clinical symptoms: improvement of anemia (Normalization of hemoglobin level or increase of hemoglobin level by 2 g/dL or more), Neuropsychiatric symptoms (Improvement of sum of GCS from base line).
 
評価時期   Timepoint(s)
治験薬投与1週後、2週後、3週後、4週後又は中止時    Week 1,2,3,4 or at the time of discontinuation of treatment. 
副次評価項目測定基準   Secondary outcome measure
     
 

ページTOPに戻る △

●選択/除外基準   ●Key Inclusion and Exclusion Criteria
     
年齢下限   Minimum age
≧20     ≧20 YEARS 
年齢上限   Maximum age
≦79     ≦79 YEARS 
性別   Sex of participants
男女両方    BOTH 
健常被験者の組入れ   Accepts healthy volunteers
なし    NO 
選択基準   Inclusion criteria
【仮登録時】
1)血液凝固異常症に関する調査研究班(厚生労働省)の診断ガイドライン(案)に基づき確定例又は疑い例と診断された日本人の後天性TTP患者
【診断ガイドライン(案)】
①確定例:ADAMTS13活性<5%かつADAMTS13インヒビター陽性、又はADAMTS13活性にかかわらず5徴候*すべてを認める
②疑い例:ADAMTS13活性にかかわらず5徴候*のうち血小板減少と細血管障害性溶血性貧血を認める
*:血小板減少、細血管障害性溶血性貧血、腎機能障害、発熱、動揺性精神神経症状
2)同意取得時の年齢が20歳以上79歳以下の患者
3)本治験への参加について、本人又は代諾者から文書同意が得られた患者
【本登録時】
1)以下の難治例又は再発例の基準を満たす被験者
難治例の定義
 以下の①又は②を満たす被験者
① 血漿交換を5回以上施行しても血小板数が5万/μL以下である
② 仮登録後に測定したADAMTS13インヒビターが2 bethesda unit (BU)/mL以上。
再発例の定義
① 前回の発症から少なくとも30日以上経過して再発した被験者
 
  Tentative registration
1)Definitive or suspected case of acquired TTP according to the Provisional Diagnostic Guideline of TTP of Study Group for Coagulation Disorders (MHLW).
-Definitive diagnosis: ADAMTS13 activity <5% and ADAMTS13 inhibitor positive, or presence of all of the 5 clinical symptoms(*) regardless of ADAMTS13 activity.
Suspected diagnosis: presence of thrombocytopenia and microangiopathic hemolytic anemia regardless of ADAMTS13 activity. * thrombocytopenia, microangiopathic hemolytic anemia, renal insufficiency, fever, fluctuating levels of neuropsychiatric symptoms.
2) 20 to 79 years old at the time of informed consent.
3) Written informed consent from the subject or legally acceptable representative

Registration
1) Patients with refractory or relapsed TTP who fulfill the criteria below.
-refractory TTP: fulfill one of the following conditions
i) Platelet count <50,000/microL after 5 procedures of plasma exchange.
ii) ADAMTS13 inhibitor level of 2 bethesda unit (BU)/mL or more at the time of tentative registration.
-relapsed TTP: relapse after at least 30 days from the previous episode.
 
除外基準   Exclusion criteria
【仮登録時】
1)薬剤、造血幹細胞移植、臓器移植、膠原病、がん、妊娠等に伴う続発性TTPの患者。
2)ADAMTS13欠損による先天性TTP(Upshaw-Shulman症候群)の患者
3)悪性腫瘍に罹患している患者
4)重篤な血液、精神神経、肝臓、呼吸器、内分泌系、免疫系、消化器系疾患を合併する患者。なお、TTPによるものは、除外基準の対象にしない
5)過去にリツキシマブの投与を受けた患者
6)治験期間中、避妊することに同意が得られない男性患者
7)妊娠中、授乳中、妊娠している可能性のある女性患者及び治験期間中に妊娠を希望する女性患者
8)同意取得前12週以内に他の治験に参加し、治験薬の投与を受けた患者
9)その他、治験責任(分担)医師が本治験の対象として不適格であると判断した患者
【本登録時】
1)HIV抗体を有することが判明している患者
2)HBs抗原、HBs抗体、HBc抗体及びHCV抗体の1つ以上で陽性が確認された患者
(ただし、B型肝炎検査が陽性の場合で、ワクチン接種によることが明らかな場合は、本規定による除外の対象とはしない。)
 
  Tentative registration
1) Secondary TTP associated with drug, hematopoietic stem cell transplantation, solid organ transplantation, collagen disease, malignancy, or pregnancy.
2) Congenital TTP (Upshaw-Shulman Syndrome) due to ADMTS 13 deficiency.
3) Presence of malignancy.
4) Severe hematological, neuropsychiatric, hepatic, pulmonary, endocrinological, immunological, or gastrointestinal conditions not related to TTP.
5) Previous exposure to rituximab.
6) Male patient who is not able to consent contraception during study period.
7) Female patient who is pregnant, lactating, or suspected of pregnancy. Female patient who wish to pregnant during study period.
8) Pariticipation in another registration clinical trial and administration of investigational drug during 12 weeks before informed consent.
9) Patients inadequate as the subject of the study judged by investigators.

Registration
1) Known HIV seropositive status.
2) Positive status of HBs antigen, HBs antibody, HBc antibody, or HCV antibody except for HBV seropositivity due to vaccination.
 
 

ページTOPに戻る △

●試験の進捗状況   ●Trial Status
     
参加者募集状況   Recruitment status
募集終了    Completed 
試験の進捗   Trial status
試験終了    Completed 
中止・休止の理由   Reason for study stop
     
 

ページTOPに戻る △

●参加者募集の実施国   ●Countries of Recruitment
     
参加者募集国   Countrie(s) of recruitment
日本    Japan 
 

ページTOPに戻る △

●試験依頼者   ●Sponsor
     
主要依頼者   Primary sponsor
埼玉医科大学病院 
総合診療内科 宮川義隆
 
  Saitama Medical University ,
Department of General Internal Medicine, Yoshitaka Miyakawa
 
共同依頼者   Secondary sponsor(s)
     
 

ページTOPに戻る △

●資金提供組織   ●Sources of Funding
     
資金提供組織   Sources of fundingr
厚生労働省    Ministry of Health, Labour and Welfare 
組織区分   Type of funding organization
公的法人    GOVERNMENT OR PUBLIC CORPORATION 
所在国   Country of funding source
日本    Japan 
 

ページTOPに戻る △

●試験実施施設   ●Trial Institutions
     
施設数   Number of study sites
13    13 
施設の種類   Type of medical institution
専門医療病院・医院    SPECIALTY CARE HOSPITAL or CLINIC 
所在国   Countrie(s) of Study Site(s)
日本    Japan 
所在都道府県   Prefecture(s) of Study Site(s)
北海道、群馬、埼玉、東京、石川、三重、大阪、兵庫、奈良、岡山、広島、福岡    Hokkaido, Gunma, Saitama, Tokyo, Ishikawa, Mie, Osaka, Hyogo, Nara, Okayama, Hiroshima, Fukuoka 
 

ページTOPに戻る △

●一般問合せ先   ●Contact for Public Queries
     
担当者   Contact name
渡邉和男    Kazuo Watanabe 
所属組織   Contact organization
株式会社CTD    CTD Inc. 
所属部署   Department
医薬推進部    Pharmaceutical Promotion Department 
住所   Address
104-0045 東京都中央区築地3-3-2    3-3-2Tsukiji,Chuo-ku,Tokyo,140-0045,Japan 
電話   TEL
03-6228-4105    +81-3-6228-4105 
FAX   FAX
03-6228-4843    +81-3-6228-4843 
E-mail   E-mail
watanabe@c-ctd.co.jp    watanabe@c-ctd.co.jp 
ホームページ   Study website
     
 

ページTOPに戻る △

●科学的な内容の問合せ先   ●Contact for Scientific Queries
     
試験責任医師   Investigator name
宮川義隆    Yoshitaka Miyakawa 
所属組織   Investigator organization
埼玉医科大学病院    Saitama Medical University Hospital 
所属部署   Department
総合診療内科    Department of Internal Medicine 
住所   Address
350-0495 埼玉県入間郡毛呂山町毛呂本郷38    38 Morohongo, Moroyama-machi, Iruma-gun, Saitama 350-0495, Japan 
電話   TEL
049-276-1111    +81-49-276-1111 
FAX   FAX
     
E-mail   E-mail
miyakawa@saitama-med.ac.jp    miyakawa@saitama-med.ac.jp 
 

ページTOPに戻る △

●他の登録機関から発行された試験ID   ●Secondary IDs and Issuers
     
他の登録機関から発行されたIDの有無   No examination ID
なし    NO 
UTN   UTN
     
試験ID   Secondary study ID
     
発行機関名   Issuer name
     
 

ページTOPに戻る △

●治験届   ●Clinical Trial Notification (CTN)
     
初回受付番号   First CTN reference number
25-4070    25-4070 
初回届出日   Date of first CTN
2014-01-06    2014-01-06 
 

ページTOPに戻る △

●倫理審査委員会による承認   ●Ethics Review
     
倫理審査委員会による承認   Approved by Ethics Committee
承認済    YES 
委員会名称   Name of ethics committee
倉敷中央病院治験審査委員会    Institutional review board of Kurashiki central hospital 
委員会承認日   Date of approved
2013-12-16    2013-12-16 
電話   TEL
     
FAX   FAX
     
E-mail   E-mail
     
ホームページ   Website
     
識別番号   Committee approval number
     
未承認の理由   Reason for unapproval
     
 

ページTOPに戻る △

●試験結果の公開   ●Publication of Study Results
     
試験結果の公開状況   Are the results published?
公表されている    YES 
治験の全般的デザイン及び計画 - 記述   Overall study design - description
再発又は難治性の日本人のTTP患者を対象として、リツキシマブの有効性と安全性を検討する、オープンラベル、単群、多施設共同試験を実施した。用法・用量はリツキシマブ375mg/m2を週1回4週間点滴静注とした。ステロイド及び血漿交換による治療は可能とした。    The study was designed as an open-label, single-arm, multicenter study evaluated the efficacy and safety of rituximab in Japanese patients with refractory/relapsed TTP. Patients received rituximab 375 mg/m2 intravenously, once weekly for a total of four treatments, with PE and steroids. 
有効性の結論   Efficacy conclusions
有効性はFASを主たる解析対象集団とし、6例がFASの解析対象となった。全ての患者で血漿交換からの離脱が可能であり、臨床所見の改善が認められた。リツキシマブ投与後、全ての患者で血小板数が上昇した。血小板数の中央値はベースライン値と比較して、投与2週後に有意に上昇し、臨床的に許容できる値で推移した。5例の患者は、血小板数が投与4週後に100×10^9/L以上に上昇した。このうち2例は、有効性の評価項目とした150×10^9/L以上に上昇した。    Six patients were included in the FAS population to evaluate efficacy. All patients could have discontinued PE and showed improved clinical condition. The blood platelet counts increased in all patients after rituximab infusion and the median blood platelet counts were significantly increased at week 2 compared with baseline and remained at a clinically acceptable level. Five patients showed a marked increase of blood platelet counts (to >100*10^9/L) at week 4. Of these, two patients reached the target of efficacy endpoint, >150*10^9/L. 
安全性の結論   Safety conclusions
7例の患者でリツキシマブが1回以上投与され、安全性の評価対象とした。5例に36件の有害事象が認められ、そのうち4例で11件のリツキシマブとの因果関係が否定できない副作用が認められた。認められた副作用は、感染症が7件、筋痙縮、呼吸困難、蕁麻疹、血小板数減少がそれぞれ1件であった。副作用の程度は、サイトメガロウイルス血症及び敗血症性ショック以外は、軽度又は中等度であった。サイトメガロウイルス血症及び敗血症性ショックは同一の患者で認められた。発現した副作用はノカルジア症を除き、投与4週後の最終観察日までに回復または軽快した。infusion reactionは認められなかった。また、治験中止が必要な重篤な有害事象及び治療関連死は認められなかった。    Seven patients who had at least one infusion of rituximab therapy were analyzed. A total of 36 AEs in five patients were observed. Of these, 11 events in four patients were classified as ADRs because the causal relationship of these events with rituximab was not completely ruled out by the investigator. There were seven infections, and one each of muscle spasticity, dyspnea, urticaria, and thrombocytopenia. All of these ADRs were mild or moderate apart from two events: one cytomegalovirus viremia and one septic shock, both of which were observed in the same patient. Although the patient who suffered nocardiosis did not fully recover, the remaining ADRs were all recovered or remitted at the last observation at week 4. There were no infusion reactions or withdrawals owing to severe AEs or treatment-related deaths. 
考察と全般的結論   Discussion and overall conclusions
難治性TTPに対するリツキシマブの臨床的有効性を検討した。血小板数は臨床的に有意に改善し、血漿交換からの離脱も可能となった。また、リツキシマブの忍容性に問題は認められなかった。以上から、日本人のTTP患者の治療薬としてリツキシマブは有用と考えた。    The clinical efficacy of rituximab for the treatment of refractory TTP was demonstrated, achieving clinically significant recovery of blood platelet counts and leading to PE cessation. Furthermore, rituximab was well tolerated with no safety concerns observed in this study and therefore is considered a useful therapeutic approach for Japanese TTP patients. 
結果の開示先   Results links  
International Journal of Hematology, http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27188338
 
  International Journal of Hematology, http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27188338 
 

ページTOPに戻る △

●その他の関連情報   ●Other Information
     
その他   Other Information