試験の登録・公開を希望される方はこちら
  • top
  • 登録済みデータ一覧
  • 治験情報の登録・確認
  • 背景
  • 検討課題
  • 登録内容
  • FAQ
  • 略語
  • WHO Timeline
  • ICH E3 要約
  • 参考資料
  • リンク
最終更新日:2016年09月29日

●試験名 Trial Title
脳梗塞患者に対する自家骨髄間葉系幹細胞の静脈内投与 二重盲検無作為化比較試験 (検証的試験)    Intravenous infusion of autologous mesenchymal stem cells from bone marrow for stroke patients: double-blind randomized clinical trial (confirmatory trial) 
 

ページTOPに戻る △

Japanese   English
     
試験の進捗   Trial status
実施中    Active 
日医治促ID   JMACCT ID
JMA-IIA00117    JMA-IIA00117 
治験促進センター登録日   Date JMACCT ID assigned
2013-03-12    2013-03-12 
参加者募集状況   Recruitment status
募集中    Recruiting 
試験フェーズ   Trial phase
3    3 
試験の種類   Trial Type
介入試験安全性、有効性、検証的    INTERVENTIONAL/ SAFETY, EFFICACY, CONFIRMATORY 
試験デザイン   Trial Design
二重盲検無作為化比較試験    Double-blind, placebo-controlled, randomized clinical trial 
対象疾患/課題   Condition or Problem
ラクナ梗塞を除く脳梗塞    all cerebral infarction (except lacunar infarction) 
参加者募集国   Countries of Recruitment
日本    Japan 
 

ページTOPに戻る △

●試験名   ●Trial Title
     
一般向け試験名   Public title
脳梗塞患者に対する自家骨髄間葉系幹細胞の静脈内投与 二重盲検無作為化比較試験 (検証的試験)    Intravenous infusion of autologous mesenchymal stem cells from bone marrow for stroke patients: double-blind randomized clinical trial (confirmatory trial) 
正式試験名   Scientific title
脳梗塞患者に対する自家骨髄間葉系幹細胞の静脈内投与 二重盲検無作為化比較試験 (検証的試験)    Intravenous infusion of autologous mesenchymal stem cells from bone marrow for stroke patients: double-blind randomized clinical trial (confirmatory trial) 
簡略標題   Title acronym
INVEST-CI study I (Intravenous Stem cell for Cerebral Infarction Study I)    INVEST-CI study I (Intravenous Stem cell for Cerebral Infarction Study I) 
 

ページTOPに戻る △

●試験概要   ●Brief Description of Study
     
概要   Brief summary
ラクナ梗塞を除く脳梗塞患者を対象とする自家培養骨髄幹細胞を静脈内投与し、安全性と有効性を確認する二重盲検無作為化比較試験を行う。    We will conduct a randomized placebo-controlled clinical trial of intravenous infusion of autologous mesenchymal stem cells for all cerebral infarction (except lacunar infarction) patients to confirm safety and efficacy. 
 

ページTOPに戻る △

●目的   ●Purpose
     
主要目的   Primary objective
ラクナ梗塞を除く脳梗塞患者に対する自家培養骨髄幹細胞の静脈内投与療法の安全性と有効性を評価する。    he primary objective of this study is to determine the safety and efficacy of intravenous infusion of autologous mesenchymal stem cells for all cerebral infarction (except lacunar infarction) patients. 
副次的目的   Secondary objective(s)
     
 

ページTOPに戻る △

●試験デザイン   ●Trial Design
     
試験デザイン   Description of trial design
二重盲検無作為化比較試験    Double-blind, placebo-controlled, randomized clinical trial 
群数   Number of treatment arms
2    2 
対照の種類   Type of control
プラセボまたはシャム    PLACEBO or SHAM 
盲検化の方法   Trial blinding schema
二重盲検    DOUBLE BLIND 
ランダム化   Randomized
あり    YES 
ランダム化の単位   Randomization unit
個人    INDIVIDUAL 
層別化   Stratified randomization
なし    NO 
動的割付け   Dynamic randomization
あり    YES 
ブロック化   Blocked randomization
なし    NO 
割付け隠蔽化の方法   Method of allocation concealment
中央登録    CENTRAL RANDOMIZATION 
 

ページTOPに戻る △

●試験フェーズ   ●Trial Phase
     
試験フェーズ   Trial phase
3    3 
 

ページTOPに戻る △

●試験の種類   ●Trial Type
     
試験の性質   Nature of investigation
介入試験    INTERVENTIONAL 
目的による試験の分類   Type of trial
安全性、有効性、検証的    SAFETY, EFFICACY, CONFIRMATORY 
試験の種類(治験またはそれ以外)   Clinical trial for drug device development
治験    Clinical Trial 
 

ページTOPに戻る △

●対象疾患等   ●Health Condition(s) or Problem(s) Studied
     
対象疾患または課題   Trial indication(s)
ラクナ梗塞を除く脳梗塞    all cerebral infarction (except lacunar infarction) 
開発の経緯   Background information
     
がん領域を対象とするか?   Does this study involve oncology?
いいえ    NO 
対象疾患領域   Therapeutic area under study
神経内科、脳神経外科、脳卒中、脳内科、神経再生医療    Neurology, Neurosurgery, Stroke, Neural Regenerative Medicine 
ゲノム情報の取扱い   Does this study involve collection of genetic information
なし    NO 
 

ページTOPに戻る △

●介入の内容   ●Interventions
     
介入の目的   Trial indication type
治療    TREATMENT 
介入の種類   Intervention type
医薬品    DRUG 
       介入 Study Intervention(s):
     
介入の名称   Name of intervention
自家骨髄間葉系幹細胞の静脈内投与    Intravenous infusion of autologous mesenchymal stem cells derived from bone marrow 
医薬品の剤型/医療機器の一般的名称   Dose form / Japanese Medical Device
Nomenclature
注射剤(用時溶解のもの、経中心静脈栄養剤を含む)    INJECTION 
投与経路/適用部位   Route of administration / Site of
application
静脈内点滴    INTRAVENOUS DRIP 
投与量/使用量   Dose per administration
max 40 mL    max 40 mL 
投与回数/使用回数   Dosing frequency / Frequency of use
単回    ONCE 
継続期間   Planned duration of interventio
単回投与    single dose 
投与レジメン   Intended dose regimen
MSCとして、1回0.5×10^8~2×10^8個/body(最大投与量3.34×10^6個/kg)を、点滴静注する。最大投与量は40mL。    MSC:0.5*10^8~2*10^8cells/body (maximum dose 3.34*10^6 cells/kg)
maximum volume 40mL
 
治療群の詳細   detailes of teratment arms
被験薬投与+標準治療    Investigational drug and Standard treatment 
       対照介入 Control Intervention(s):
     
対照の名称   Comparative intervention name
プラセボ    Placebo 
医薬品の剤型/医療機器の一般的名称   Dose form / Japanese Medical Device
Nomenclature
注射剤(用時溶解のもの、経中心静脈栄養剤を含む)    INJECTION 
投与経路/適用部位   Route of administration / Site of
application
静脈内点滴    INTRAVENOUS DRIP 
投与量/使用量   Dose per administration
max 40 mL    max 40 mL 
投与回数/使用回数   Dosing frequency / Frequency of use
単回    ONCE 
継続期間   Planned duration of intervention
単回投与    Single dose 
投与レジメン   Intended dose regimen
1患者あたり1回投与まで、最大投与量は40mLとする。    Single dose
maximum volume 40mL
 
 

ページTOPに戻る △

●試験スケジュール   ●Study Timeline
     
プロトコール確定日   Date of protocol finalization
2012-11-16    2012-11-16 
倫理審査委員会/治験審査委員会の初回開催日(予定日)   Date of first ethics committee meeting
2012-11-26    2012-11-26 
初回組入れ日(予定日)   Date of first enrollment
2013-03-15    2013-03-15 
試験開始日(予定日)   Study start date
2013-03-15    2013-03-15 
フォロー終了日(予定日)   Date of last follow-up
2018-09-14    2018-09-14 
入力終了日(予定日)   Date of data entry closure
2018-10-14    2018-10-14 
データ固定日(予定日)   Data lock date
2018-10-31    2018-10-31 
解析終了日(予定日)   Completion of data analysis
2019-03-31    2019-03-31 
試験終了日(予定日)   Study end date
2019-04-30    2019-04-30 
 

ページTOPに戻る △

●目標症例数   ●Target sample size
     
目標症例数   Planned number of subjects
110    110 
 

ページTOPに戻る △

●主要評価項目   ●Primary Outcome(s)
     
主要評価項目   Primary outcome(s)
脳梗塞発症後150日目における脳梗塞発症後60日目からのmRSが1段階以上改善した症例の割合    The proportion of cases that mRS improves one point or more at 150 days after onset of cerebral infarction from 60 days after onset  
評価時期   Timepoint(s)
脳梗塞発症後60日目(投与直前)および150日目    60 days (immediately before injection) and 150 days after onset of cerebral infarction 
主要評価項目測定基準   Primary outcome measure
評価に熟知した専門医(割付結果を知り得ない者)が評価する    Blinded certified medical doctors will evaluate. 
 

ページTOPに戻る △

●副次評価項目   ●Key Secondary Outcome(s)
     
副次評価項目   Secondary outcome(s)
【有効性】
・脳梗塞発症後150日目における脳梗塞発症後60日目からのmRSが2段階以上改善した症例の割合
・脳梗塞発症後150日目におけるmRSの値
・脳梗塞発症後150日目における脳梗塞発症後60日目からのmRS の変化量
・脳梗塞発症後150日目における脳梗塞発症後60日目からのNIHSSの各項目および合計値の変化量
【安全性】
・治験全期間内に発現した全ての有害事象の発現割合
 
  [efficacy]
The proportion of cases that mRS improves two points or more at 150 days after onset of cerebral infarction from 60 days after onset
The value of mRS at 150 days after onset of cerebral infarction
The difference of mRS between 150 and 60 days after onset of cerebral infarction
The difference of NIHSS (each item and total score) between 150 and 60 days after onset of cerebral infarction
[safety]
All adverse events rate during whole study period
 
評価時期   Timepoint(s)
【有効性】脳梗塞発症後60日目(投与直前)および150日目
【安全性】治験全期間内
 
  [efficacy]
60 and 150 days after onset of cerebral infarction
[safety]
Whole study period
 
副次評価項目測定基準   Secondary outcome measure
評価に熟知した専門医(割付結果を知り得ない者)が評価する    Blinded certified medical doctors will evaluate. 
 

ページTOPに戻る △

●選択/除外基準   ●Key Inclusion and Exclusion Criteria
     
年齢下限   Minimum age
≧20     ≧20 YEARS 
年齢上限   Maximum age
<80     <80 YEARS 
性別   Sex of participants
男女両方    BOTH 
健常被験者の組入れ   Accepts healthy volunteers
なし    NO 
選択基準   Inclusion criteria
【一次登録時における選択基準】
(1)脳梗塞発症から40日以内である
(2)MRI(またはCT)・MRA(または3D‐CTAまたは脳血管造影検査)・心電図・胸部X線等で診断した主要病変が天幕上(小脳、脳幹以外)のラクナ梗塞(NINDS-Ⅲ 1990)以外の脳梗塞である(疑いも含む)
(3)modified Rankin Scale(mRS)のGrade 4と5に分類される
(4)同意取得時の年齢が20歳以上80歳未満である
(5)本人および代諾者から文書による同意が得られている。ただし、本人が記載できない場合は代諾者のみとする。

【二次登録時における選択基準】
(1)脳梗塞発症から74日以内に治験薬を投与することができる
(2)出荷判定の規格を満たした治験薬が準備できている
(3)modified Rankin Scale(mRS)のGrade 4と5に分類される
 
  [Inclusion criteria at the time of first registration]
1)Cerebral infarction onset within 40 days
2)All supratentorial cerebral infarction (except lacunar infarction) (NINDS-III 1990) diagnosed by MRI (or CT), MRA (3D-CTA or DSA), ECG, chest X-ray etc.
3)Classified under grade 4 or 5 of mRS (modified Rankin scale)
4)Age between 20 to 80
5)The written informed consent from subjects and legal representative (legal representative alone if the subject does not have ability to write) is provided.

[Inclusion criteria at the time of second registration]
1)Possible to infuse investigational product within 74 days after onset of cerebral infarction
2)Ready to infuse of investigational product which satisfies specification of acceptance criteria
3)Classified under grade 4 or 5 of mRS (modified Rankin scale)
 
除外基準   Exclusion criteria
【一次登録時における除外基準】
(1)意識障害がJapan Coma ScaleのIII-200又はIII-300である
(2)初期スクリーニングでHBV、HCV、HIV、HTLV-1、梅毒の感染症を有している
(3)末梢血球減少(白血球数<2000/mL、 好中球数<1000/mL、ヘモグロビン<10.0g/dl、血小板数<10万/mL)を認める
(4)頭部MRI(またはCT)において中等度以上の無症候性病変、陳旧性病変、白質病変を認める
(5)頭部MRIにおいて微小出血もしくは梗塞巣にヘモジデリン沈着が多数認められる
(6)頭頚部MRA(または3D‐CTAまたは脳血管造影検査)において脳梗塞の責任血管の狭窄が70%以上である(ただし完全閉塞は除く)。または、狭窄の程度に関係なく解離性である(ただし、改善した場合は除く)。再開通後においても同じ条件である。
(7)頭頚部MRA(または3D‐CTAまたは脳血管造影検査)において頭蓋内外の主要動脈の狭窄が70%以上である(ただし完全閉塞は除く)
(8)頭頚部MRA(または3D‐CTAまたは脳血管造影検査)により動脈硬化性変化や石灰化が高度に認められる
(9)もやもや病や破裂または塞栓症を引き起こすリスクの高い脳動脈瘤などの血管病変を有する
(10)重症の頭蓋内出血を有する
(11)治験薬投与直前において治療を受けても血圧をコントロール(収縮期140mmHg以下と拡張期90mmHg以下)できないと予想される
(12)以下の既往症がある
悪性新生物(ただし、最終診断日より十分な期間があり、完治と判断される場合は可とする)、重度の血液および造血器の疾患ならびに免疫機構の障害、重度の精神および行動の障害、重度の神経系の疾患、重度の先天奇形や変形、染色体異常
(13)ペニシリン、ストレプトマイシンに対するアレルギーおよびその他重篤なアレルギーの既往(ショック、アナフィラキシー様症状等)を有する
(14)以下の疾患等により、全身状態が不良である
[例:内分泌代謝疾患、精神障害、神経系の疾患、循環器疾患(コントロール困難な心不全、中等度以上の弁膜症、コントロール困難で循環動態に影響を与える心房細動、薬物治療で消失が期待できない心房内血栓および心室内血栓、経皮的冠動脈インターベンションが12ヶ月以内に実施された心筋梗塞または狭心症の既往、その他重症の不整脈 等)、呼吸器系の疾患、消化器系の疾患、筋骨格系および結合組織の疾患、腎泌尿器・生殖器系疾患(維持透析等)、外傷・中毒およびその他の外因の影響]
(15)他の臨床試験に参加中、または、細胞治療の既往がある

【二次登録時における除外基準】
(1)意識障害がJapan Coma ScaleのIII-200又はIII-300である
(2)精密検査でHBV※、HCV、HIV、HTLV-1、梅毒、ヒトパルボウイルスB19の感染症を有している
※HBVに関しては精密検査の結果により判断。専門医が既感染のみで現在は活動状況にないと判断した場合は組み入れ可とする
(3)脳梗塞の責任血管の狭窄が70%以上である(ただし完全閉塞は除く)。または、狭窄の程度に関係なく解離性である(ただし、改善した場合は除く)。再開通後においても同じ条件である。
(4)頭頚部の頭蓋内外の主要動脈の狭窄が70%以上である(ただし完全閉塞は除く)
(5)動脈硬化性変化や石灰化が高度に認められる
(6)もやもや病や破裂または塞栓症を引き起こすリスクの高い脳動脈瘤などの血管病変を有する
(7)重症の頭蓋内出血を有する
(8)血圧のコントロール(収縮期140mmHg以下と拡張期90mmHg以下)ができない
(9)冠動脈の狭窄が75%以上等の虚血性心疾患を合併している
(10)心臓血管系にシャント(心房中隔欠損、心室中隔欠損等)などの重篤な異常を有する
(11)止血凝固検査にて大きな血栓の存在が疑われる
(12)以下の疾患を合併している
悪性新生物(ただし、最終診断日より十分な期間があり、完治と判断される場合は可とする)、重度の血液および造血器の疾患ならびに免疫機構の障害、重度の精神および行動の障害、重度の神経系の疾患、重度の先天奇形や変形、染色体異常
(13)ペニシリン、ストレプトマイシンに対するアレルギーおよびその他重篤なアレルギー(ショック、アナフィラキシー様症状等)を有する
(14)以下の疾患等により、全身状態が不良である
[例:内分泌代謝疾患、精神障害、神経系の疾患、循環器疾患(コントロール困難な心不全、中等度以上の弁膜症、コントロール困難で循環動態に影響を与える心房細動、薬物治療で消失が期待できない心房内血栓および心室内血栓、経皮的冠動脈インターベンションが12ヶ月以内に実施された心筋梗塞または狭心症の既往、その他重症の不整脈 等)、呼吸器系の疾患、消化器系の疾患、筋骨格系および結合組織の疾患、腎泌尿器・生殖器系疾患(維持透析等)、外傷・中毒およびその他の外因の影響]
 
  [Exclusion criteria at the time of first registration]
(1)Severe consciousness disturbance (Japan Coma Scale between 200 and 300)
(2)Diagnosed as HBV, CV, HIV, HTLV-1, syphilis, Human Parvovirus B19 by initial screening
(3)Pancytopenia (WBC <2000/mL, neutrophil <1000/mL, Hb <10.0g/dl, Plt <100000/mL)
(4)MRI (or CT) revealing moderate asymptomatic lesion, old infarction, white matter lesion
(5)MRI revealing microbleeding or multiple hemosiderosis
(6)Head and neck MRA (or CTA or AG) revealing 70% or more of stenosis or dissecting in the artery causing cerebral infarction even though after revascularization (except complete thrombotic occlusion, except for healed dissecting artery)
(7)Head and neck MRA (or CTA or AG) revealing 70% or more stenosis of main cerebral arteries and cervical carotid arteries (except complete thrombotic occlusion)
(8)Head and neck MRA (or CTA or AG) revealing severe arteriosclerotic change and calcification
(9)Cerebrovascular diseases such as Moyamoya disease or high risk ANs etc
(10)Severe intracerebral hemorrhage,
(11)Preoperative possible uncontrollable HT under depressor therapy (systolic pressure less than 140mmHg, diastolic pressure less than 90mmHg)
(12)Past history of neoplasms (except CR), severe diseases of the blood and blood-forming organs and certain disorders involving the immune mechanism, severe mental and behavioural disorders, severe diseases of the nervous system, severe congenital malformations, deformations and chromosomal abnormalities
(13)Past history of penicillin and streptomycin allergy and other severe allergy (shock, anaphylactoid symptoms etc)
(14)Poor general condition due to [Endocrine, nutritional and metabolic diseases, Mental disorders, diseases of nervous system, diseases of circulatory system (Uncontrollable and refractory heart failure, moderate or severe valvular heart disorder, uncontrollable and refractory atrial fibrillation, refractory atrial and ventricular thrombus, history of ischemic heart disease and PCI within the past 12 months, serious arrhythmia), diseases of the respiratory system, diseases of the digestive system, diseases of the musculoskeletal system and connective tissue, diseases of the genitourinary system (dialysis etc), injury, poisoning and certain other consequences of external causes etc]
(15)Participating other clinical trial or past history of cellular therapy

[Exclusion criteria at the time of second registration]
(1)Severe consciousness disturbance (Japan Coma Scale between 200 and 300)
(2)Diagnosed as HBV, HCV, HIV, HTLV-1, syphilis, Human Parvovirus B19 by initial screening
(3)Head and neck MRA (or CTA or AG) revealing 70% or more of stenosis or dissecting in the artery causing cerebral infarction even though after revascularization (except complete thrombotic occlusion, except for healed dissecting artery)
(4)Head and neck MRA (or CTA or AG) revealing 70% or more stenosis of main cerebral arteries and cervical carotid arteries (except complete thrombotic occlusion)
(5)Head and neck MRA (or CTA or AG) revealing severe arteriosclerotic change and calcification
(6)Cerebrovascular diseases such as Moyamoya disease or high risk ANs etc
(7)Severe intracerebral hemorrhage,
(8)Preoperative possible uncontrollable hypertension under depressor therapy (systolic pressure less than 140mmHg, diastolic pressure less than 90mmHg)
(9)Ischemic heart disease (75% or more stenosis of coronary arteries etc)
(10)Cardiac shunt malformation(VSD, ASD etc)
(11)Possible large thrombus by laboratory examination
(12)Neoplasms (except CR), severe diseases of the blood and blood-forming organs and certain disorders involving the immune mechanism, severe mental and behavioural disorders, severe diseases of the nervous system, severe congenital malformations, deformations and chromosomal abnormalities
(13)Penicillin and streptomycin allergy and other severe allergy (shock, anaphylactoid symptoms etc)
(14) Poor general condition
 
 

ページTOPに戻る △

●試験の進捗状況   ●Trial Status
     
参加者募集状況   Recruitment status
募集中    Recruiting 
試験の進捗   Trial status
実施中    Active 
中止・休止の理由   Reason for study stop
     
 

ページTOPに戻る △

●参加者募集の実施国   ●Countries of Recruitment
     
参加者募集国   Countrie(s) of recruitment
日本    Japan 
 

ページTOPに戻る △

●試験依頼者   ●Sponsor
     
主要依頼者   Primary sponsor
本望 修(医師主導治験における自ら治験を実施する者)    Osamu Honmou, MD, PhD 
共同依頼者   Secondary sponsor(s)
なし    NO 
 

ページTOPに戻る △

●資金提供組織   ●Sources of Funding
     
資金提供組織   Sources of fundingr
文部科学省    Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology-Japan 
組織区分   Type of funding organization
公的法人    GOVERNMENT OR PUBLIC CORPORATION 
所在国   Country of funding source
日本    Japan 
 

ページTOPに戻る △

●試験実施施設   ●Trial Institutions
     
施設数   Number of study sites
1    1 
施設の種類   Type of medical institution
プライマリーケアと専門医療の両方を行う病院・医院    PRIMARY and SPECIALTY CARE HOSPITAL or CLINIC 
所在国   Countrie(s) of Study Site(s)
日本    Japan 
所在都道府県   Prefecture(s) of Study Site(s)
北海道    Hokkaido 
 

ページTOPに戻る △

●一般問合せ先   ●Contact for Public Queries
     
担当者   Contact name
佐々木祐典    Masanori Sasaki, MD, PhD 
所属組織   Contact organization
札幌医科大学附属病院    Sapporo Medical University Hospital 
所属部署   Department
神経再生医療科    Neural Regenerative Medicine 
住所   Address
札幌市中央区南1条西16丁目    South 1, West 16, Chuo-ku, Sapporo 
電話   TEL
011-611-2111    +81-11-611-2111 
FAX   FAX
011-616-3112    +81-11-616-3112 
E-mail   E-mail
chiken-stroke@sapmed.ac.jp    chiken-stroke@sapmed.ac.jp 
ホームページ   Study website
http://web.sapmed.ac.jp/chiken-stroke    http://web.sapmed.ac.jp/chiken-stroke 
 

ページTOPに戻る △

●科学的な内容の問合せ先   ●Contact for Scientific Queries
     
試験責任医師   Investigator name
本望 修    Osamu Honmou, MD, PhD 
所属組織   Investigator organization
札幌医科大学附属病院    Sapporo Medical University Hospital 
所属部署   Department
神経再生医療科    Neural Regenerative Medicine 
住所   Address
札幌市中央区南1条西16丁目    South 1, West 16, Chuo-ku, Sapporo 
電話   TEL
011-611-2111    +81-11-611-2111 
FAX   FAX
011-616-3112    +81-11-616-3112 
E-mail   E-mail
chiken-stroke@sapmed.ac.jp    chiken-stroke@sapmed.ac.jp 
 

ページTOPに戻る △

●他の登録機関から発行された試験ID   ●Secondary IDs and Issuers
     
他の登録機関から発行されたIDの有無   No examination ID
なし    NO 
UTN   UTN
     
試験ID   Secondary study ID
Nill Known    Nill Known 
発行機関名   Issuer name
     
 

ページTOPに戻る △

●治験届   ●Clinical Trial Notification (CTN)
     
初回受付番号   First CTN reference number
24-4680    24-4680 
初回届出日   Date of first CTN
2013-02-05    2013-02-05 
 

ページTOPに戻る △

●倫理審査委員会による承認   ●Ethics Review
     
倫理審査委員会による承認   Approved by Ethics Committee
承認済    YES 
委員会名称   Name of ethics committee
札幌医科大学附属病院臨床研究審査委員会    Sapporo Medical University Hospital Institutional Review Board  
委員会承認日   Date of approved
2012-12-03    2012-12-03 
電話   TEL
011-611-2111    +81-11-611-2111 
FAX   FAX
011-621-8059    +81-11-621-8059 
E-mail   E-mail
     
ホームページ   Website
http://web.sapmed.ac.jp/byoin/chiken/index.html    http://web.sapmed.ac.jp/byoin/chiken/index.html 
識別番号   Committee approval number
24-117    24-117 
未承認の理由   Reason for unapproval
     
 

ページTOPに戻る △

●試験結果の公開   ●Publication of Study Results
     
試験結果の公開状況   Are the results published?
未公表    NO 
治験の全般的デザイン及び計画 - 記述   Overall study design - description
     
有効性の結論   Efficacy conclusions
     
安全性の結論   Safety conclusions
     
考察と全般的結論   Discussion and overall conclusions
     
結果の開示先   Results links  

 
   
 

ページTOPに戻る △

●その他の関連情報   ●Other Information
     
その他   Other Information