試験の登録・公開を希望される方はこちら
  • top
  • 登録済みデータ一覧
  • 治験情報の登録・確認
  • 背景
  • 検討課題
  • 登録内容
  • FAQ
  • 略語
  • WHO Timeline
  • ICH E3 要約
  • 参考資料
  • リンク
WHO Timeline

WHOの動向

SAG Report,17-18 Nov.2005

2005年11月17~18日に行われたミーティングのレポートが最終版に更新されました。

International Clinical Trials Registry Platform
Scientific Advisory Group
Report of Meeting, 17 - 18 November 2005
Geneva, Switzerland

SAGとは

19名のメンバーで構成され、共同議長は米国メリーランド州バルチモアのジョーンズ・ホプキンス・ブルームバーグ公衆衛生学部のDr. Kay Dickersin、英国医学誌のランセットのDr. Richard Hortonである。その目的は、臨床試験登録に関する基準と規範についてのアドバイスをすることにある。
ミーティングは年2回実施。

要旨

SAGは、WHO国際臨床試験登録プラットフォームが国際規範と基準を決定する上で科学的、 倫理的側面からアドバイスを行うため2005年11月17~18日スイス、ジュネーブにてミーティングを実施した。

SAGは:
すべての介入試験の登録は、科学的 ・倫理的・道義的責任であることを表明するヒトに対する健康および健康ケアへの介入を評価するすべての介入試験は登録されるべきである
決定された最小20項目については、科学的な見地から登録時に全項目をすべて開示する
登録システムの国際ネットワークの一般的な構造とその構築が重要としている
重複登録の検出を重視する

過半数のメンバーは、一つの臨床試験を明確に識別するため、およびクロスリファレンス試験登録に対するUTRNの発行を支持している。 時間がなく、登録センターのメンバー基準を充分討議できなかった…

このページのTOPへ

スケジュールの概要 (15 March 2006 ) NEW

2006年第1四半期
  • ・IAB(International Advisory Board)ミーティング
  • ・WHO登録データセット決定
  • ・登録機関ワーキング・グループ設置
2006年2四半期
  • ・SAG(Scientific Advisory Group)ミーティング
    -WHO登録機関基準およびその他の規範と基準についてのアドバイス
  • ・メンバー登録機関基準(register membership criteria)決定
  • ・登録データ公表時期についての基準決定
  • ・登録ネットワーク立ち上げ
2006年3四半期
  • ・メンバー登録機関(Member Registers)へのUTRNの初回発行
  • ・登録プラットフォーム検索ポータルサイト試用版立ち上げ
2006年第4四半期
  • ・第1回登録プラットフォーム年次集会
    -SAG、メンバー登録機関(神戸)
  • ・登録機関ネットワークの拡大
  • ・トレーニング・セミナーおよび技術支援の開始
Upcoming meetings:
2006年4月26日

・ジュネーブにて開示時期についての特別セッション開催予定

2006年4月27, 28日

・ジュネーブにて第二回SAG(Scientific Advisory Group)ミーティング開催予定

2006年11月29日~12月1日

・WHO神戸センターにて第一回WHO臨床試験の登録年次会議
Annual WHO Trial Registration Conference)開催予定

このページのTOPへ

WHOの今後の予定(Dec. 2005)

WHO technical consultation on clinical trial registration standards meetingで、2005年12月をめどに、国際的に一意の臨床試験に対するID番号を発行する仕組みを稼動させることを公表している。

Timeline

The timeline of the start-up project is set tight in view of the current visibility of the project and the deadline set by the ICMJE.
The aim is to achieve consensus on minimum standards and implement the technical system within 2005 and a sustainable system in place by 2006.
Specifically, we are looking for early availability of three essential elements:

1. Standards for qualifying several major existing registers
2. A system for unambiguous identification of trials
3. A global search capability